お知らせ & ブログ

「住宅資金贈与の特例」を受けた贈与財産でも、相続財産に加算される?

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2020年2月12日(水)、「第22回不動産相続勉強会」を開催しました。思い起こせば勉強会のスタートは2019年2月13日でしたので、ちょうど丸1年を迎えたことになります。私も講師デビューから1周年!たくさんの方に勉強会や個別相談をご利用いただき、大変密度の濃い1年間でした。

 

今回の勉強会は「贈与と遺言書」がテーマでした。生前にできる対策として、皆さん関心が高い部分だと思います。贈与についてのご説明の中で、「相続開始前3年以内の贈与は注意が必要」とお話しています。被相続人が亡くなった日から遡って3年前の日から亡くなった日までに贈与を受けていた場合、この期間の贈与財産は相続財産に加算されます。

 

ここで、参加者様からご質問がありました。上記の期間に「住宅資金贈与の特例」を適用した贈与を行った場合でも、相続財産に加算されるのか?という疑問です。せっかく非課税の適用を受けて贈与を行ったのに、相続財産に持戻されて課税されてしまっては困りますよね…。

 

こうした疑問が湧いてきたときは、国税庁HPの「タックスアンサー」を参照してみましょう。実際に、今回のご質問についてもきちんと回答が掲載されていました。

 

結論から申しますと、「住宅資金贈与の特例」を受けた贈与は相続財産に持戻されない、ということです。また、他にも加算しない贈与財産の範囲として、贈与税の配偶者控除の特例を受けている金額、教育資金の一括贈与、結婚子育て資金の一括贈与で非課税の適用を受けた金額も挙げられていました。

◆詳細はこちら→国税庁HPタックスアンサー

 

一つの疑問があってタックスアンサーを見てみると、関連する項目やQ&Aへのリンクも出てきますので、周辺知識も深まりますよ。贈与税・相続税はじめ、税制について気になることがあった場合は、ぜひご覧になってみてくださいね。

「普通養子」と「特別養子」の違いはなに?

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2020年1月29日(水)、「第21回不動産相続勉強会」を開催しました。お伝えしていた通り、満席で初回を迎えることができ、2020年の勉強会も良きスタートを切ることができました。第5クールは全5回満席につき、第6クールの先行予約も受付中。なんと、6ヶ月先まで予約が入っている状況です。講師としても背筋が伸び、気合いが入ります!

 

さて、昨年はこちらのブログでQ&Aなど掲載しておりましたが、今年は勉強会そのものの内容だけでなく、参加者様とのお話の中で出てきたさまざまな疑問も解消していきたいと思います。

 

ということで、早速、前回の勉強会後に出たお話を少々。法定相続人の話題から、養子についてのご質問がありました。

 

養子ももちろん相続人となりますが、相続税の基礎控除を計算する上で算入できる養子の人数は、「実子がいるかどうか」で異なります。実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人まで、となります。民法上は極端に言えば100人でも養子を取ることはできますが、基礎控除を計算する際の人数には制限がありますので、気をつけておきましょう。

 

と、ここまでは勉強会でもお話している内容。その後、「普通養子」と「特別養子」についてのご質問もいただきました。

 

「普通養子」とは、実親との親子関係を継続したまま養親とも親子関係になる縁組。いわば二重の親子関係ができるイメージです。この場合、養子になった人は実親・養親、どちらの相続人にもなります。相続対策を意識して行われる養子縁組は、こちらの普通養子になると思います。

 

一方、「特別養子」とは、6歳未満の子供の福祉を図るため(虐待などから子供を守るため)の制度です。こちらは実親との親子関係を終了して、養親との親子関係を結びます。

 

このようなお話をする中で、それでは「普通養子」か「特別養子」かはどうやって確認すればよいのか?という話題になりました。私も今まであまり意識したことがなかったのですが、戸籍で確認することができるそうです。

 

「普通養子」の場合は、実親との関係は戸籍上、「長男」「次女」など、実子として記載され、養親との関係では「養子」と記載されています。どちらの親子関係も存在していることがわかりますね。

 

「特別養子」の場合は、養親との関係は戸籍上、「長男」「次女」など、実子のように記載されます。また、「特別養子縁組」といった言葉ではなく『民法817条の2』とだけ記載されるそうです。この条文は特別養子縁組に関する規定なのですが、戸籍には条文番号の記載があるのみですので、特別養子縁組であることが他人には分かりづらいように配慮されているのですね。

 

ご自身が幼少の頃に養子になったという方は、どちらなのか確認したいというケースもあるようです。まずは戸籍を取得してご確認いただければと思います。

 

さまざまなご家族関係が存在する昨今、法律面、精神面でも相続に関わってくることがあるかと思います。それまで仲の良いご家族であっても、もめてしまう可能性があるのが相続です。相続が争族にならないよう、ご家族に合わせた事前の対策を行っていきましょう。

「不動産相続勉強会」第5クール、満席となりました!

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

来週1/29(水)より、いよいよ本年の「不動産相続勉強会」がスタートします。

昨年末から徐々にご予約が入っており、先日おかげさまで第5クール全5回がすべて満席となりました!予想以上に多くのお客様からお問合せがあり、増席対応もさせていただきましたが、「少人数制」との兼ね合いもあり、ご予約を〆切とさせていただきました。

第5クール(1月~3月開催分)は追加予約がお受けできない状況となっておりますので、ご了承のほどお願いいたします。

 

つきましては、第6クール(4月~6月開催分)の先行予約受付を開始させていただきました!早いものでこちらにもご予約が入り始めております。お席には限りがございますので、お早めにご予約いただけましたら幸いです。

ご予約ページにも第6クールの日程を掲載しましたので、詳細はこちらをご覧ください。

☆不動産相続勉強会 ご予約ページ☆

 

「不動産相続勉強会」もスタートからまもなく1年を迎えます。はじめは参加者様が集まるかどうか、講師として本当に不安だったのですが、今では早々に満席となるまでになりました。地域の皆様にも少しずつ、「不動産相続の相談窓口」として認知されてきたのかなと感じます。

 

今後も、相続について学びたい・相談したいと思われた時に、皆様がすぐに思い浮かべてくださる存在になれるよう、成長していきたいと思います。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

2020年「不動産相続勉強会」開催スケジュール

明けましておめでとうございます。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

いよいよ2020年が幕開けしました!オリンピック開催も迫り、活気あふれる一年になりそうですね。本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

昨年2月よりスタートした「不動産相続勉強会」も、早いものでもうすぐ1周年を迎えます。これまでたくさんの方にご参加いただき、改めて感謝申し上げます。今年もすでにご予約を続々といただいており、初回から満席での開催となります。(好評につき、増席の対応もさせていただくことになりました!)新たな参加者様との出会いを楽しみにしております。

 

2020年上半期の「不動産相続勉強会」開催スケジュールが決定しましたので、こちらにも掲載いたします。引き続き、1クール全5回シリーズでの開催を継続しております。興味のある回のみのご参加、クールの途中からの参加ももちろん可能です!初めての方もお気軽にご参加ください。

 

■■■不動産相続勉強会 2020年開催スケジュール■■■

【第5クール】

◆1月29日(水) STEP1 相続の基礎知識

◆2月12日(水) STEP2 贈与と遺言書

◆2月26日(水) STEP3 相続税と不動産評価

◆3月11日(水) STEP4 納税・節税の対策方法

◆3月25日(水) STEP5 成年後見制度と民事信託

 

【第6クール】

◆4月22日(水) STEP1 相続の基礎知識

◆5月13日(水) STEP2 贈与と遺言書

◆5月27日(水) STEP3 相続税と不動産評価

◆6月10日(水) STEP4 納税・節税の対策方法

◆6月24日(水) STEP5 成年後見制度と民事信託

 

☆ホームページからのご予約⇒不動産相続勉強会 ご予約ページ

☆お電話でのご予約⇒049-242-2112(相続勉強会ご参加希望とお伝えください)

 

相続に関するご質問・ご相談も受け付けておりますので、ぜひご利用ください。本年も皆様との出会いを楽しみにしております。

 

 

 

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
当社の年末年始休業に関しまして、下記の通りご案内致します。

 

【年末年始休業期間】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

【営業開始】
2020年1月6日(月)13時より

—————————————-

本年の営業は、12月27日(金)17時を持ちまして終了とさせていただきます。
また、12月27日(金)13時以降のお問い合わせ・資料請求に関しましては、1月6日(月)以降、順次対応させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申しあげます。


 

今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申しあげます。

 

川木建設株式会社
川越市広栄町4-16

Page 1 of 612345...Last »