お知らせ & ブログ

「セットバック」が必要な土地は、財産評価が下がる?

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2021年6月9日(水)、「第43回不動産相続勉強会」を開催しました。第9クールも第3回目、全5回の折り返し地点を迎えました。テーマは「STEP3~相続税と不動産評価~」。相続に加えて不動産の知識も登場してくる重要な回です。今回は不動産評価についていただいたQ&Aをご紹介します。

 

【Q.「セットバック」が必要な土地は、財産評価が下がりますか?】

まず前提として、建築基準法上、建物の敷地は幅4m以上の道路に2m以上接していなければなりません(接道義務)。これは、消防車や救急車などの緊急車両の通行に支障をきたさないように配慮された規定です。

 

しかし、この建築基準法が制定される以前に建築された建物の敷地は、幅4m未満の道路に接している場合も多くあります。こうした土地については、建物を再建築する際、道路の中心線から水平距離で2m(道路の片側が崖地、川、水路などの場合はその道路境界線から4m)後退した線を道路境界としなければなりません。これを「セットバック」と呼びます。

 

「セットバック」が行われる場合、新たに道路となる部分には建物を建築することはもちろん、門や塀、駐車場を設けることもできなくなります。そうした制限が生じることから、このような土地について財産評価をする際は、セットバックすべき部分の評価額を下げられることになっています。具体的には、セットバックすべき部分について、通常の評価額から70%相当額を控除(=30%の評価額)することになります。

 

※余談ですが、道路の幅、中心、境界等は目視で確認できない場合もあります。ご自身で見たり測ったりした内容が誤っていることもありますので、正確な情報は自治体の建築指導課でご確認ください。

 

↑セットバックのイメージ図。相続勉強会では、こうした図解をホワイトボードに描きながらご説明しています!

 

土地にはさまざまな個性があります。今回の道路幅もその一つですが、不整形、高低差や斜面がある等、利用に制限が生じるような状況も多々あるでしょう。こうした土地は財産評価額を下げられる可能性が大きくなります。地図だけではこれらを見極めることが難しいので、専門家への現地調査依頼をお勧めいたします。

 

新年度がスタートしました

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

6月1日より、当社の新年度がスタートいたしました。毎年、年度初日には「経営方針発表会」が開催されます。通常であれば全社員が一堂に会する行事ですが、昨年に続き今回も感染症防止対策の一環として、会場での参加者は発表者に限定し、他の社員にはオンラインでのリアルタイム配信を行いました。社員一人ひとりが思いを新たに、新年度のスタートを切ったところです。

 

川木建設 経営方針発表会

さて、本年度の当社のスローガンは「コミュニケーション倍増」です。この一年間はコロナ禍により、人と人との物理的距離が広がったことで、心理的距離にも影響が感じられました。そうした中、社員同士もお客様との関係においても、さまざまな手段を活用してコミュニケーションを増やしていこうという方針になっています。

 

不動産相続相談室におきましては、相続勉強会の参加人数に制限はあるものの、今まで通りの開催をさせていただいております。また、今年に入ってからは、1組様ごとの個別勉強会や個別相談を随時実施しております。可能な限りフェイストゥフェイスのコミュニケーションを大切にしていきたいと考えておりますが、ご要望に応じてさまざまな方法を検討してまいりますので、お気軽にご相談ください。

 

来週は今年度最初の相続勉強会開催です!・・・といっても、第9クールは先月からスタートしており、折り返し地点を迎えるところです。おかげさまで7月の最終回まで満席のご予約をいただいておりますので、参加者様とのコミュニケーションを取りながら、しっかりと進めていきたいと思います。

 

あらためまして、今年度も地域の皆様にお気軽にご利用いただける「不動産相続の相談窓口」を目指して活動してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

相続登記が義務化されます!

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2021年5月12日(水)、「第41回不動産相続勉強会」を開催いたしました。人数制限をはじめ、引き続き感染症予防対策を行っております。参加者の皆様にも各種対策にご協力をいただき、感謝申し上げます。

 

おかげさまで第9クールは、全5回とも満席のご予約をいただいております。引き続き、ご参加の皆様にお役立ていただける勉強会となりますよう、努めてまいります。

川木建設 不動産相続勉強会 講師 夢川

不動産相続勉強会で皆様に最新情報をお届けできるよう、私自身も日々セミナーや研修などを活用して学んでいるところです。昨日は【相続登記義務化のポイントと注意点】をテーマとしたオンラインセミナーに参加いたしました。

 

相続登記とは、相続によって不動産を取得した際に、不動産の所有者名義を相続人に変更する手続きです。しかしながら、手間や費用の問題から相続登記が行われていない不動産も多数存在しています。

 

相続の未登記をはじめ、さまざまな理由で所有者が不明となっている土地を合わせると九州の面積を超えるそうで、近い将来、北海道と同じくらいになるという予想もあります。こうした土地は不動産取引ができないだけでなく、公共事業や災害対策、都市開発ができないといった社会的な問題も含んでいます。

 

これらの問題を解決する一つの手段として、相続登記を義務化する法改正が行われ、2024年から施行予定となりました。具体的には、相続から3年以内に登記申請を行うこと・正当な理由なく申請を怠ると10万円以下の過料を課すといった内容となっています。

 

改正法の施行後はもちろん、施行前に発生した相続も対象となりますので、相続登記が済んでいない不動産がないか、今一度ご確認いただければと思います。

 

 

「不動産相続勉強会」第9クール 満席のお知らせ

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

5/12(水)より、「不動産相続勉強会」第9クールがスタートします!人数制限をはじめ、各種感染症予防対策を講じた上で、通常通りウェスタ川越にて開催いたします。おかげさまで、各回とも【満席】となりました。ご予約いただきました皆様、誠にありがとうございます。

 

今後の予定ですが、第10クールは8月~10月にかけて、土曜日コースでの開催を予定しております。今回、満席でご参加が叶わなかった方や、平日のご参加が難しいという方も、ぜひご利用ください。(今後も水曜日コース・土曜日コースを交互に開催する予定です)

 

また、ご希望に応じて、川木建設本社での個別開催も受け付けております。こちらは1組様ごとに日時を調整させていただいての開催となります。ご質問やご相談がしやすいという、個別開催ならではのメリットもございますので、お気軽にお申し付けください。

 

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

ゴールデンウィーク休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、下記の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。

【ゴールデンウィーク休業期間】

令和3年5月2日(日)~令和3年5月5日(水)

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
尚、ホームページにていただいたお問い合わせは、5月6日(木)以降に順次対応させていただきます。
今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

Page 1 of 1412345...10...Last »