お知らせ & ブログ

STEP5 成年後見制度と民事信託

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

4/10(水)、「第5回相続勉強会」を開催しました。全5回シリーズで構成された相続勉強会の第1クール、最終回でした。これまでSTEP1~4を通じて、相続の基礎知識・生前にできる対策・不動産評価の方法・納税や節税の対策を学んでいただきました。STEP5は応用編という位置づけで、認知症への備えを大きなテーマとしております。認知症の発症後に使える成年後見制度、認知症の発症前にご家族に資産管理を任せておく民事信託、この2つを中心にお話しました。

 

また、最後に第1クールの総括として、円満な相続対策を実現されたあるご家族の実例をお話しました。全5回を通して学んでいただいた知識を復習していただきながら、現在の法律に則ってご家族が納得のいく対策をするためのポイントを解説しました。参加者様にとっても、全5回を振り返り、お考えをまとめる回になっていましたら幸いです。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

それでは改めて、STEP5の内容をご紹介させていただきます。

 

【STEP5~成年後見制度と民事信託~】

1)成年後見制度

本題に入る前に、まずは「認知症社会の到来」と題して、認知症高齢者数の推移や将来予測からお話しています。また、認知症になってしまうとなぜ資産が凍結してしまうか、資産が凍結するとどのような問題が起こるか、改めて認識していただきます。そのうえで、認知症を発症した後にその方の財産を守る制度として「成年後見制度」があること、法定後見と任意後見の違いなどを解説しています。

 

2)民事信託

そもそも信託とは、資産の所有者が信頼できる個人や法人に、その資産の管理・処分を任せる(信じて託す)ことです。ご家族の中で行われる信託のように、非営利目的の信託は民事信託と呼ばれております。この民事信託を活用して、将来の認知症発症や相続発生に備え、予め資産の管理や活用を次の代の方へ託しておく方法を、事例を交えてお話ししています。

 

相続勉強会は今後もSTEP1~5を繰り返し開催してまいります。次回第2クールは、5/15(水)よりスタートいたします。各回とも5組様限定の少人数制となっておりますので、お早目のご予約をお待ちしております。

◆ご予約はこちら◆

 

今後とも、相続勉強会をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

STEP4 納税と節税の対策方法

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

3/27(水)、「第4回相続勉強会」を開催しました。

前回のSTEP3では相続税がかかるのかどうか、まずはざっくりとイメージを持っていただきました。続くSTEP4では、「納税と節税の対策方法」をテーマに、実際に相続税がかかる場合に納税資金をどのように準備するか、節税について考えられることはあるか、という内容を取り上げました。

 

STEP3・4のテーマに共通するのは、不動産の「評価」と「価値」のお話がたくさん登場すること。納税・節税の対策では、不動産を売却したり活用する場面が出てきますが、その際に「評価(相続税上の評価)」と「価値(不動産資産としての市場価値)」についてしっかりと把握しておく必要性があることを繰り返しお伝えしてきました。

 

ご自身の不動産を棚卸していただく機会にもなったかと思います。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

川木建設不動産相続相談室 相続勉強会 講師 夢川

それでは改めて、STEP4の内容をご紹介させていただきます。

 

【STEP4~納税と節税の対策方法~】

1)納税資金準備

相続税は現金一括納税が基本であり、相続の発生から10ヶ月以内という納税期限も設けられています。納税が必要な場合、その資金をどのように準備するかが課題となってきます。納税資金準備の方法として、生命保険金の非課税枠を活用することや、不動産の売却による現金化などを取り上げています。

 

2)節税対策

節税の対策として一般的によく行われるものと、不動産を活用した方法をお話しています。一般的なものとしては、養子縁組・生前贈与・生命保険の活用などを挙げています。不動産の活用としては、賃貸住宅の建築によって土地・建物の評価額が変化する仕組みを中心に、実例を交えながらお話しています。

 

2月からスタートした相続勉強会も、次回で第1クールが完結します。次回は4/10(水)、「STEP5~成年後見制度と民事信託~」をお話します。大きなテーマは「認知症への備え」です。認知症の患者数は年々増加していますが、発症してしまうと契約行為などが難しくなり、相続対策もスムーズに進まなくなってしまうことが多々あります。認知症になる前や、発症後に備えて知っておきたい、成年後見制度と民事信託についてお話します。

 

また、これまでSTEP1~4まで学んでいただいた内容を実際に活用し、円満な相続対策を実現されたあるご家族の実例をまとめとしてご紹介させていただきます。

 

次回も皆様のご参加をお待ちしております。

◆ご予約はこちら◆

STEP3 相続税と不動産評価

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

3/13(水)、「第3回相続勉強会」を開催しました。

おかげさまで継続してご予約・ご参加の方も増えており、大変嬉しく思います。前回の「遺言書」についてはご質問も多かったので、STEP3の本題に入る前に補足説明などもさせていただきました。また、後日お電話でのご質問もあったりと、皆様、勉強会の後もご自身で学びを深めておられることが感じられます。今後もお気軽にご質問いただける勉強会にしていきたいと思います。

 

さて、STEP3では、「相続税と不動産評価」についてお話しています。まずは相続税がかかるのかどうか、大まかなイメージを持っていただけたかと思います。

 

そして、STEP3からいよいよ「不動産」のお話が出てきました!昨今開催されている相続セミナーは、どちらかというと相続税・お金の話をメインテーマにしているものが多いかと思います。「不動産相続の相談窓口」が主催する勉強会では、「もめない相続のための対策」をテーマとしており、分けるのが難しく争いになりやすい資産の代表ともいえる「不動産」の取り扱いについてお話しています。相続財産の大部分が不動産というご家庭も多いかと思いますので、相続対策を進めるうえで特にお伝えしておきたい情報が満載の回でした。

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

川木建設 不動産相続相談室 相続勉強会 講師夢川

それでは改めて、STEP3の内容をご紹介させていただきます。

 

【STEP3~相続税と不動産評価~】

1)相続税の基礎知識

平成27年の税制改正の概要を説明し、現在の相続税率はどれほどかご確認いただきます。実際に相続税がかかるのかどうかを把握するために、ご家族の財産状況(プラスの資産もマイナスの資産も含めた全体像)を整理することや、基礎控除額を計算しておくこと、税額控除の適用について知っておくことなど、一つずつ解説していきます。相続税計算の仕組みについても、順を追って説明しています。

 

2)不動産の相続評価

「土地」と「建物」それぞれの相続税評価の方法を解説しています。また、それぞれご自宅のようにご自分で利用されているか、借地や賃貸住宅のように人に貸しているかでも評価が変わることをお話しています。さらに、評価額を軽減できる特例等も取り上げています。不動産は実際の「価値」と「評価」にギャップがあり、時に大きな乖離が生まれることもあります。「評価」と「価値」という視点を持っていただくことが大切です。

 

3)不良不動産について

境界が確定していない土地、廃墟のような建物、近隣とのトラブルなどなど、資産価値が下がってしまう不動産について、実例を交えてご紹介しています。いざという時に売却が困難になったり、相続後に相続人の方を悩ませるような不動産がないか、ご自身の不動産をチェックしていただくポイントもお伝えしています。

 

STEP1・2と比べ、専門的なお話が増え、少々難しいお話も出てくる回かと思いますが、できる限り分かりやすくかみ砕いたお話を心掛けております。

 

さて、次回は3/27(水)、「STEP4~納税と節税の対策方法~」をテーマに開催します。相続税の概要をつかんでいただいたところで、実際に相続税がかかる場合は、納税資金をどのように準備するか、節税について考えられることはないか、といったお話をしていきます。

次回も皆様のご参加をお待ちしております。

◆ご予約はこちら◆

STEP2 贈与と遺言書

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2/27(水)、「第2回相続勉強会」を開催しました。

直前のご予約もあり、満席にて当日を迎えることができました。ご家族でご参加された方もおられ、相続対策について皆様が真剣にお考えになられていることを肌で感じることができました。

 

今回お話したSTEP2では、「贈与と遺言書」について取り上げています。贈与はご家族の間で行われていることも多いかと思いますし、遺言書についても皆様関心が高く、ご質問も多数いただきました。相続発生前に行う対策として、今回のテーマはとても重要なものになるかと思います。

 

私自身も相続に関しては基礎から勉強を進めてきましたので、初めての方にも分かりやすく丁寧な説明を心掛けております。おかげさまで、『説明が熱心!』『大変よく分かりました』といったご感想もいただき、嬉しく思いました。

 

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

それでは今回は、STEP2の内容をご紹介させていただきます。次回のSTEP2は5月開催予定ですので、今回のご参加が叶わなかった方はぜひ次回開催をご利用ください。

 

【STEP2~贈与と遺言書~】

1)贈与について

暦年課税制度と相続時精算課税制度という、2つの贈与制度について解説します。また、贈与にはさまざまな特例もありますが、住宅不動産業界に馴染みの深いものとして「住宅資金贈与の特例」についてもお話しています。贈与契約書のサンプルなどご覧いただきながら説明をしています。

 

2)遺言書について

遺言書の定義や種類の説明、遺言書を書く際の要件(守らなければいけないルール)など解説しています。また、「このような方は特に遺言書が必要」といったお話や、遺言書を作るうえで知っておきたい知識などもお伝えしています。

 

さて、次回の相続勉強会は3/13(水)開催です。「STEP3~相続税と不動産評価~」をテーマにお届けします。日本人の相続財産の7割以上が不動産といわれますが、不動産は評価の仕方が独特で、分け方も難しい資産の代表と言えます。扱いの難しい不動産について、相続財産としての評価方法を分かりやすくお話していきます。

次回もご予約でお席は少なくなっておりますが、まだ余裕はございますので、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

◆ご予約はこちら◆

「相続勉強会」スタート! STEP1 相続の基礎知識

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

先週2/13(水)、おかげさまで「第1回 相続勉強会」を無事に開催いたしました。少人数制ならではのアットホームな雰囲気で、講演中や休憩時間の質疑応答も活発でした。

参加者様から、『講師が女性でとても良かった』とのご感想もいただき、大変嬉しく思い、まずは良いスタートが切れてよかったなと、講師としても一安心しているところです。

 

川木建設 不動産相続相談室 相続勉強会 STEP1 相続の基礎知識

勉強会では、レジュメや補足資料を配布して、スクリーンにも上映しながらのお話が中心となります。それに加えて、ホワイトボードを使った解説も取り入れさせていただきました。図解によってご理解を深めていただくことができ、『そういうことなのね。よく分かった!』とご納得いただけたのも嬉しかったです。

 

 

川木建設 不動産相続相談室 相続勉強会 講師 夢川

さて、まずは開催のご報告をさせていただきましたが、ここでSTEP1の内容を改めてご紹介したいと思います。相続勉強会は「STEP1~5」の全5回シリーズとなっており、スタートとなるSTEP1では、「相続の基礎知識」をお話しています。具体的には、以下のような項目を解説していきます。

 

【STEP1~相続の基礎知識~】

1)相続の大いなる誤解

「借金をすれば相続税が減る?」「財産が多くはないからうちには関係ない?」などなど…まずはじめに、相続にご興味を持っていただくきっかけとして、皆さんがよく「誤解」されやすいと思われることを取り上げています。

 

2)相続とは?

相続については法律上の決まりがたくさんあります。相続の定義や、法定相続人や法定相続分といった基本的な内容から、丁寧に説明していきます。

 

3)相続の流れ

被相続人(財産を遺す方)がお亡くなりになってから、相続税を納税するまで、10ヶ月という期限の中ですべきこと・気を付けておきたいことなどを順を追ってお話します。また、手続きに必要となる書類などもサンプルをご覧いただいております。

 

4)相続でもめないために

家族が争う「争族」にならないためのポイントをまとめます。

 

…と、このような形で、まずは基礎知識を身につけていただく内容となっています。

なお、今後もSTEP1~5までを繰り返し開催していきますので、初回に参加できなかった!という方も次のクールでSTEP1をご受講いただけます(5月開催予定)。ちなみに、クールの途中からのご参加や、ご興味のある回のみのご参加ももちろん可能ですので、お気軽にご予約くださいね!

 

さて、次回の相続勉強会は2/27(水)開催です。「STEP2~贈与と遺言書~」をテーマにお届けします。ご家族が相続でもめないために、財産を遺す方が生前にできる準備とその心構えをお伝えできればと思っています。すでにご予約でお席が埋まりつつありますが、まだ余裕はございますので、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

◆ご予約はこちら◆

Page 1 of 212