お知らせ & ブログ

「個別勉強会」開催のご案内

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

前回、「不動産相続勉強会」第8クールの開催スケジュールをお知らせしたところ、おかげさまでたくさんの反響をいただき、各回とももうすぐ満席を迎えるところです。多数のお問合せ、誠にありがとうございます。

 

こうした状況を踏まえ、今回は「個別勉強会」のご案内をさせていただきます。より多くの方にご参加いただけますよう、開催日以外の日程でも、ご希望の日時で勉強会のご予約を受け付けております。下記をご確認の上、お電話にてお申込みください。

 

【個別勉強会のご予約受付について】

■対象テーマ:「STEP1~相続の基礎知識~」および「STEP2~贈与と遺言書~」

※「STEP3」以降の個別勉強会開催につきましても、ご相談に応じます。

■開催日:2021年2月中の土日祝を除く平日(所要時間は90分間です)

■開催場所:川木建設本社(川越市広栄町4-16)地図はこちら

■参加人数:3~5名程度

■お申込み:049-242-2112 相続勉強会担当 夢川(ムカワ)までご連絡ください

 

当日は会場内の新型コロナウィルス感染拡大防止対策に努めてまいります。皆様におかれましても、マスク着用・手指のアルコール消毒・検温へのご協力をお願いいたします。また店舗内の換気を行うため、防寒を含め体温調節のしやすい服装でご参加いただければと思います。

 

その他、開催にあたりご要望などございましたらお気軽にご相談ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

2021年不動産相続勉強会 開催スケジュールについて

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

コロナ禍での年明けとなり、落ち着かない日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?不安定なご時世を反映してか、昨年は相続勉強会へのご参加や個別相談が増えた一年であったと感じております。今後も「不動産相続の相談窓口」を皆様のお悩み解決にお役立ていただければ幸いです。本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、2021年の不動産相続勉強会は、2月よりスタート予定となっております。新型コロナウィルス感染拡大防止対策を講じた上での開催となりますが、今後の状況によっては中止・延期とさせていただく場合もございますので、予めご了承ください。

 

なお、2月開催分は、通常会場としている公共施設(ウェスタ川越)での開催を控え、弊社店舗(埼玉県川越市広栄町4-16)での開催を予定しております。また、開催スケジュールに関わらず、皆様のご要望に応じて別日程での個別開催も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。ご予約をお待ちしております。

 

■■■不動産相続勉強会 第8クール開催スケジュール■■■

◆2月6日(土) STEP1 相続の基礎知識

◆2月20日(土) STEP2 贈与と遺言書

◆3月6日(土) STEP3 相続税と不動産評価

◆3月20日(土) STEP4 納税・節税の対策方法

◆4月3日(土) STEP5 成年後見制度と民事信託

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各回5組限定とさせていただきます。

※2月開催分の会場は川木建設(埼玉県川越市広栄町4-16)、3月以降の会場はウェスタ川越を予定しております。(2021年1月12日現在)

 

☆ホームページからのご予約⇒不動産相続勉強会 ご予約ページ

☆お電話でのご予約⇒049-242-2112(相続勉強会ご参加希望とお伝えください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

年末年始休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
当社の年末年始休業に関しまして、下記の通りご案内致します。

 

【年末年始休業期間】
2020年12月29日(火)~2021年1月6日(水)

【営業開始】
2021年1月7日(木)13時より

 

—————————————-

本年の営業は、12月28日(月)17時を持ちまして終了とさせていただきます。
また、12月28日(月)13時以降のお問い合わせ・資料請求に関しましては、1月7日(木)以降、順次対応させていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

不動産相続勉強会、2020年最終回を迎えました。

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2020年12月16日(水)、「第35回不動産相続勉強会」を開催いたしました。第7クールの締めくくりであり、2020年の不動産相続勉強会としても最終回を迎えました。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。余談ですが、ご参加の皆様にお掃除グッズのささやかなプレゼントもご用意させていただきました。年末はお家のお掃除とともに、ご自身のお気持ちや相続への考え方についても整理するお時間を設けていただければと思います。(こちらのブログに掲載しているQ&Aもご参考になれば幸いです!)

 

川木建設不動産相続相談室 不動産相続勉強会 2020年最終回

あらためて本年を振り返りますと、新型コロナウィルス感染拡大による影響を受け、勉強会も一時休止の措置を取らせていただきました。8月からは感染防止対策を講じ、人数制限を行った上で再開となり、12月まで開催を継続してまいりました。ご参加の皆様にも各種対策にご協力いただきまして、感謝しております。

 

ここで、本年の勉強会参加者数を集計してみたところ、のべ126組160名様という、非常に多くの方にご参加いただいておりました!正直なところ、休止期間明けの再開に伴って、まずは参加者様が集まってくださるのか不安がありました。しかしながら、いざ再開の告知をしてみると、休止前よりも多くの反響をいただくようになり、私自身とても驚きました。世の中全体の先行きが見えず、将来に対する不安感が募るなか、皆様の相続への興味関心が高まっているように感じております。

 

また、本年は昨年に比べて「財産を受け継ぐ側」の方のご参加が増えてきたのも印象的でした。受け継ぐ側の方は、40~50代の方が多く、平日の勉強会はご参加が難しいとのお声もいただきました。そこで、より多くの方にお気軽にご参加いただけるよう、次回開催する第8クールは初の試みとして、「土曜日コース」を開講致します!日程等の詳細は年明けにこちらのホームページにてお知らせしますので、ぜひご利用ください。

 

本年も不動産相続勉強会へのご参加、また相続相談のご利用、誠にありがとうございました。新たな年も地域の皆様にお気軽にご利用いただける「不動産相続の相談窓口」を目指してまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。それでは皆様、良いお年をお迎えください。

亡くなる前3年以内の贈与財産は、相続財産に加算される?

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2020年の不動産相続勉強会も、残すところあと1回となりました。年末が近づき、最近増えてきたなと感じるのが、「贈与」に関するご質問です。年末年始はご家族が顔を合わせる機会も多く、贈与が増える時期でもあるのかなと思います。

 

川木建設不動産相続相談室 不動産相続勉強会 講師 夢川

さて、そうした贈与に関するご質問の中から1つご紹介いたします。

【Q.亡くなる前「3年以内」に行われた贈与財産は、相続財産に加算されると聞いたのですが?】

 

被相続人が亡くなる前3年以内に行われた贈与については、注意が必要です。というのも、この期間に贈与で得た財産は、相続財産に持ち戻す(加算する)必要があるからです。(亡くなる直前に、駆け込みのような形で財産を移転させることに制限をかける趣旨かと思われます)

 

3年以内であれば、贈与税がかかっていたかどうかに関係なく加算されます。暦年課税制度には年間110万円の基礎控除額がありますが、この範囲に収まっていた金額の贈与であっても加算の対象になる、ということです。

 

ここで、贈与税をすでに支払っていた場合、同じ財産に対してさらに相続税も課税されるの!?と恐ろしくなりますが、その点は調整が行われます。相続財産としてあらためて計算した相続税額から、すでに納めている贈与税額分を控除して、不足分を相続税として納めるようなイメージとなります。

 

ちなみに、贈与財産を相続財産に持ち戻す際の財産評価額は、贈与時点での価額となります。相続時点ではありませんので、こちらも併せて抑えておきましょう。

 

贈与はご家族の間で日常的に行われることも多いかと思いますが、立派な「契約」行為です。当事者は「あげた」「もらった」という事実を認識していますが、第三者にそれが「贈与」であることを示すためには、贈与契約書を作成していただくこともお勧めいたします。

 

不動産相続勉強会では、生前にできる相続対策という視点で、贈与についても取り上げております。制度面や心構えとしての注意点もお伝えしておりますので、お役立ていただけましたら幸いです。

 

Page 1 of 1112345...10...Last »