お知らせ & ブログ

賃貸物件の家賃収入は、相続財産になるの?

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

8月より「不動産相続勉強会」第10クールがスタートしました。引き続き、人数制限をはじめ各種感染症予防対策を行った上で開催しております。おかげさまで全5回ともに満席の状態ですので、ご希望に応じて個別勉強会も受け付けております。こちらもお気軽にご利用ください。

 

川木建設 不動産相続勉強会

 

さて、今回は先日ご参加されたお客様からいただいたご質問をご紹介します。お父様が賃貸経営をされており、その賃貸物件から生まれる家賃収入はどのような扱いになるのか気にされていました。

 

【Q.賃貸物件の家賃収入は、相続財産になるの?】

 

ご質問の内容は、被相続人が所有していた賃貸物件の家賃収入は相続財産になるのか?ということでした。

 

被相続人が亡くなる前に支払われていた家賃収入は、相続財産になります。これに対し、亡くなった後に発生した家賃収入は、相続財産ではなく、その扱いは遺言書の有無で異なってきます。

 

遺言書がある場合は、相続が発生した月の家賃収入から、遺言でその賃貸物件を相続することになった人の所得になります。これに対して遺言書がない場合、遺産分割協議を行っている間に発生した家賃収入は、各相続人が法定相続分で分割して取得することになります。そして、遺産分割協議の成立後に発生した家賃収入から、賃貸物件を相続した相続人の所得になります。

 

ちなみに、遺産分割協議が成立するまでの間に他の相続人が分割して取得していた家賃収入については、賃貸物件を相続した相続人へ返還する必要はないものとされています。

 

※余談ですが、遺産分割協議が整うまでの間だけ家賃収入があった場合でも、翌年確定申告を行う必要があります。(給与所得者の場合、確定申告が必要かどうかは金額によっても変わってきます)。詳細は税理士の先生にご確認ください。

 

こちらのブログで取り上げているQ&Aは、すべて勉強会で実際にいただいたご質問をもとにしております。他の方のご質問内容を知ることで、新たな気づきを得られる場合も多いかと存じますので、皆様にお役立ていただけましたら幸いです。

 

令和3年度 夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
本年度の夏季休業につきましては、下記の期間を全社休業とさせていただきます。

 

【夏季休業期間】

令和3年8月11日(水)~令和3年8月15日(日)

 

誠に勝手ながら、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

※ 夏季休業中にいただいた各ホームページからのお問い合わせ、メール等に関しましては、休業期間終了後のご返答となりますので、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

「不動産相続勉強会」第10クール 満席のお知らせ

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

6月末よりご予約を受け付けておりました「不動産相続勉強会」第10クールは、おかげさまで全5回とも満席となりました。たくさんのお問合せをいただき、誠にありがとうございました。第10クールは予定通り、8月~10月にかけてウェスタ川越での開催となります。新たな参加者様との出会いを楽しみにしております。

 

続く第11クールは、11月~来年1月にかけての開催となります。少々先の予定となりますので、もっと早く受講したい!という皆様には個別勉強会をご案内しております。こちらは当社(川木建設)にご来社いただき、1組様ごとに行う形式の勉強会です。基本的には平日の開催となりますが、日時はご相談に応じますので、お気軽にお問合せください。

(お問合せはこちら ☎049-242-2112まで)

 

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

「遺産分割協議書」は自分でも作れますか?

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2021年7月7日(水)、「第45回不動産相続勉強会」を開催いたしました。おかげさまで、第9クールも無事に最終回を迎えることができました。続く第10クールは8月7日(土)より、土曜日コースで開催いたします。引き続き、ご予約を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

◆相続勉強会ご予約ページはこちら◆

 

川木建設 相続勉強会 講師 夢川

それでは今回もQ&Aをご紹介させていただきます。

【Q.「遺産分割協議書」は自分でも作れますか?】

相続発生後、遺言書がない場合やその内容で納得できない場合、相続人の皆さんで遺産の分け方を話し合う遺産分割協議。その協議内容を書面にまとめたものが遺産分割協議書で、不動産や預金口座の名義変更など、各種相続手続きの際にも必要になってきます。

 

遺産分割協議書は、法的に決められた書式があるわけではなく、専門家でなければ作成できないといった決まりもないので、ご自身で作成することも可能です。相続勉強会でも遺産分割協議書のサンプルをお渡ししており、実際にそのサンプルをもとにご自身で作成された方もおられます。

 

財産内容が多岐に渡ったり、分け方についての客観的なアドバイスも必要とするような場合は、専門家(弁護士・司法書士・行政書士等)に作成依頼することをお勧めします。

 

なお、遺産分割協議書とセットで、戸籍謄本や印鑑証明書、財産に関する書類(不動産の登記事項証明書や預貯金の残高証明書)なども用意する必要があります。あらかじめ必要な書類を把握し、スムーズに取得できるように備えておきましょう。

 

遺産分割協議書作成の流れや留意点は、「STEP1~相続の基礎知識~」で詳しく解説しています。次回8月7日(土)は「STEP1」の開催となっておりますので、ご興味のある方はぜひこの機会をご利用ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

「不動産相続勉強会」第10クール ご予約受付を開始します! 

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

本日は「不動産相続勉強会」第10クール開催のお知らせです。2021年8月~10月にかけて、土曜日コースがスタートいたします。平日のご参加が難しかった皆様もぜひこの機会をご利用ください。スケジュール・お申し込み方法は下記のとおりです。

 

■■■不動産相続勉強会 第10クール開催スケジュール■■■

◆8月  7日(土) STEP1 相続の基礎知識

◆8月21日(土) STEP2 贈与と遺言書

◆9月  4日(土) STEP3 相続税と不動産評価

◆9月25日(土) STEP4 納税・節税の対策方法

◆10月9日(土) STEP5 成年後見制度と民事信託

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各回5組(10名様程度)限定とさせていただきます。

☆ホームページからのご予約⇒不動産相続勉強会 ご予約ページ

☆お電話でのご予約⇒049-242-2112(相続勉強会ご参加希望とお伝えください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

引き続き、感染症防止対策の一環として人数制限を行っておりますので、ご希望の方はお早めのご予約をお勧めいたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

Page 3 of 1712345...10...Last »