お知らせ & ブログ

8/6(土)「実家の相続セミナー」を開催しました

こんにちは。
川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

2022年8月6日(土)、川木建設株式会社にて「実家の相続セミナー」を開催致しました。当日は午前の部・午後の部の2回開催し、おかげさまでどちらも満席となり、盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

川木建設 実家の相続セミナー 講師 夢川

こちらのセミナーは、継続的に開催している「不動産相続勉強会」の特別版として本年よりスタートした新セミナーです。どなたにも訪れる「実家の相続」。実はこのタイミングで、初めての相続、初めての不動産売却をご経験される方が非常に多くなっています。相続も不動産売却も、多くの方にとっては人生の中でそう頻繁に行われるものではありません。このセミナーでは、「実家を相続した8割の方が知らない 相続と不動産売却の常識」をテーマに、いざという時を迎える前に知っておきたい知識・情報を凝縮してお伝えしております。

 

今回は30名近くの方がご参加され、すでに相続をご経験された方・これから相続を迎えられる方、財産を遺される方・受け継がれる予定の方…それぞれの視点でご受講くださいました。ご質問や個別相談のご希望も多く、皆様が「実家の相続」について高い関心を持っておられることが感じられたセミナーでした。

 

円満相続のためには、「相続」と「不動産」の双方に精通した相談相手が必要であると、私たちは考えます。これからも、「土地建物と相続のことならワンストップで相談できる建設サービス業」をビジョンに掲げ、地域の皆様がお気軽にご相談いただける窓口を目指してまいります。今後もセミナーへのご参加、個別相談など、ぜひお気軽にお問合せください。

◆令和4年度 夏季休業のお知らせ◆

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
本年度の夏季休業につきましては、下記の期間を全社休業とさせていただきます。

 

【夏季休業期間】

令和4年8月13日(土)~令和4年8月17日(水)

 

誠に勝手ながら、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

※ 夏季休業中にいただいた各ホームページからのお問い合わせ、メール等に関しましては、休業期間終了後のご返答となりますので、ご了承の程、よろしくお願いいたします。

7/22(金)より「まちゼミ」申込み受付がスタートしました!

こんにちは。
川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

もうすぐ本格的な夏がやってきますね。当社は今夏、イベントが目白押しとなっており、諸々の準備も佳境を迎えているところです。今回はそのなかでも初の試みとなる、地域イベントへの参加についてお知らせいたします。

 

2022年8月1日(月)~9月11日(日)にかけて、「第16回川越まちゼミ」(主催:川越商工会議所様・川越まちゼミの会様)が開催されます。「まちゼミ」は全国的な取り組みで、地域のお店や企業などが講師となって行う少人数制のゼミナールです。川越市は全国でも1位・2位を争う豊富な講座数が特徴で、今回は全104講座が予定されており、当社もそのうちの1講座を企画いたしました。本日7/22(金)より、全講座の申込み受付がスタートしておりますので、ご興味に合わせてご参加いただけましたら幸いです。

 

当社で開催する「まちゼミ」の講座は、「知っておきたい!実家の相続勉強会」と題した相続勉強会の特別版となっております。下記3日程にてお電話でご予約を受付いたしますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

【川木建設「まちゼミ」講座情報】

川越まちゼミ 川木建設 相続勉強会
■講座番号:12番
■タイトル:知っておきたい!実家の相続勉強会
■開催日(下記3日程の内容はすべて同じです)
・8/24(水)10:00~11:00
・8/24(水)13:00~14:00
・ 9/3(土)10:00~11:00
■会場:ウェスタ川越 2階活動室4または5
■ご予約・お問合せ先:049-242-2112

 

★まちゼミの詳細はこちら★

★当社の講座情報はこちら★

 

今年度の不動産相続相談室のテーマは、「地域の皆様とのコミュニケーション3倍増!」。今後もさまざまなイベントに参加していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

↓↓↓8/6(土)「実家の相続セミナー」もご予約受付中!↓↓↓
大事な実家で後悔しないために これだけは知っておきたい 実家の相続セミナー 2022年8月6日(土) 詳しく見る

「実家の相続セミナー」を開催します!

こんにちは。
川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

「相続・空き家の無料大相談会」開催から、早いもので1週間ちょっと経ちました。おかげさまで、その後もご相談依頼のお電話などいただいております。「不動産相続の相談窓口」として、皆様に当社を知っていただけたこと、あらためて嬉しく思っているところです。

 

さて、同イベント内で講演させていただいたセミナー「実家の相続&売却 準備のポイント」も大変好評で、多くの反響がございました。当日ご参加できなかった方もおられると思いますので、ほぼ同じ内容をご受講いただけるセミナーを企画いたしました!ぜひこの機会をご利用ください。

 

タイトルは「これだけは知っておきたい!実家の相続セミナー」です。どなたにもいずれ訪れる実家の相続。実はこのタイミングで、初めての相続と初めての不動産売却を同時に経験される方が非常に多くなっています。

 

こちらのセミナーでは、「実家を相続した方の8割が知らない 相続と不動産売却の常識」をテーマに、相続を迎える前に皆様に知っておいていただきたい情報を分かりやすくお話しします。

 

セミナー内容の一部をご紹介すると…

◆実家が空き家になる理由とは?

◆実家の相続を考える時に気をつけたいポイント

◆実家が売却できなくなった事例

◆知っておきたい不動産の売却と税金の話  ほか

 

いざ相続となる前に、準備できること・すべきことはたくさんあります。セミナー後には相続に関するご相談・不動産売却に関するご相談、どちらも個別に対応いたしますので、この機会をぜひご利用ください。皆様のご参加をお待ちしております。

 

*********開催情報********

【日時】

2022年8月6日(土)

午前の部 10:00~11:00

午後の部 14:00~15:00

※午前・午後の内容は同じです。

 

【会場】

川木建設(川越市広栄町4-16)

お客様駐車場あり

 

↓詳細は特設サイトをご覧ください↓
大事な実家で後悔しないために これだけは知っておきたい 実家の相続セミナー 2022年8月6日(土) 詳しく見る

「小規模宅地等の特例」を適用した場合の相続税の計算方法は?

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

 

「不動産相続勉強会」第12クールもおかげさまで満席が続いており、まもなく全5回の折り返し地点を迎えるところです。たくさんの方々にご参加いただき、あらためてお礼申し上げます。

 

今クールもさまざまなご質問をいただいておりますので、Q&Aとしてご紹介していきたいと思います。今回いただいたのは「小規模宅地等の特例」を適用する場合のご質問です。

 

【Q.「小規模宅地等の特例」を適用した場合、相続税の計算方法は?】

「小規模宅地等の特例」とは、亡くなった方がお住まいだった自宅の土地(宅地)を、一定の要件を満たす親族の方が相続する場合に使える特例です。適用可能であれば、330㎡(約100坪)を限度として、土地の評価額を80%減額できるという大きな軽減措置になっています。実際に、こちらの特例を利用することで、相続税を納める必要がなくなるケースも大変多くなっています。

 

では、「小規模宅地等の特例」を適用する場合、相続税の計算方法はどうなるのでしょうか?相続税を計算する際は、まず各財産の評価額を合計した遺産額求める必要があります。そのなかで、土地の評価額を求めるにあたっては、「小規模宅地等の特例」を適用できる人が該当の土地を相続する場合は、特例を適用した後の土地評価額を遺産額に算入することになります。同じ土地であっても、この特例を適用できない人が相続する場合には、評価額は減額されないまま遺産額に算入されます。その土地を誰が相続するかによって、相続税計算のもとになる遺産額に影響が出てくるのですね。

 

補足として、「小規模宅地等の特例」を適用した結果、遺産額が基礎控除額に収まった場合でも、税務署への申告は必要となります。申告義務の有無は特例を適用する前の遺産額で判断されますので、納税義務がなくても申告義務はあることにご注意ください。

 

今回のお話は、「不動産相続勉強会 ~STEP3 相続税と不動産評価~」でも解説しております。詳しく聞いてみたい!という方は、お気軽にご参加ください。

Page 11 of 31« First...910111213...2030...Last »