お知らせ & ブログ

第2クールQ&Aより~「贈与契約書に印紙は必要?」ほか~

こんにちは。

川木建設 不動産相続相談室の夢川です。

梅雨も明け、今日から8月!暑い季節がやってきましたね。

 

夏休みでごゆっくりされている方、ご家族で過ごされている方も多いことと思います。

こうした機会にぜひ、ご家族のこれからのこと、相続のこと…普段なかなかじっくり考える時間のないことをご家族でお話しされると良いかと思います。

 

ただいま、8/7(水)スタートの「相続勉強会」第3クールに向け、準備を進めているところです。

こちらもぜひ、ご夫婦、ご家族でご参加いただけましたら幸いです。

 

 

さて、今回は第2クールで皆さんからいただいたご質問をもとに、これまで紹介しきれていなかったQ&Aをまとめてお送りします。何か一つでも、皆様のご参考になれば嬉しいです。

 

それでは行ってみましょう!

 

Q.贈与契約書に収入印紙は必要でしょうか?

⇒贈与する対象によって印紙の有無が決まっています。不動産以外のものであれば不要ですが、不動産を贈与する場合は一律200円の収入印紙を貼付する必要があります。ここで一つ注意したいのは、不動産の金額を贈与契約書に明記した場合です。金額が記載されている場合は、その金額に見合った収入印紙を貼付する必要が出てきます。(金額を記載しなければ一律200円ですので、ご注意ください!)

 

Q.生命保険の非課税枠は保険金受取人の人数分になるのですか?

⇒生命保険金には、相続税の基礎控除額とは別に、非課税枠があります。この非課税枠は「500万円×法定相続人の数」で算出されます。保険金受取の有無にかかわらず、法定相続人の人数で計算されるのがポイントです。

 

Q.お墓に近い土地は評価が下がるって本当ですか?

⇒お墓に近い土地(忌み地などと呼ばれますね)などは、近隣周辺の土地と比較して、利用価値が低いとみなされる場合は評価減が適用されるケースもあります。要件を満たせば10%の減額となります。ただし、お墓や寺社の多い地域など、近隣も同じような条件の土地ばかりという場合は適用が難しいかと思います。

 

Q.後見申し立ての申請に、医師の診断書は必要ですか?

⇒成年後見制度には、「後見」「補佐」「補助」の3つの段階があり、「後見」が最も支援が必要な状態となります。裁判所がどの程度の支援が必要かを判断するために、医師の診断書が必要となります。そのほか、必要な書類については裁判所のホームページ等でご確認いただけます。

 

…今回はSTEP1~5を通していただいた質問をランダムに取り上げてみました。第3クールでも新たなご質問をいただく機会があるかと思いますので、こちらのブログでもご紹介させていただきますね。

 

そして、直接質問したい!という皆様!

ぜひ「相続勉強会」にご参加ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

◆ご予約はこちら⇒相続勉強会ご予約ページ